skogのこと

skogはスウェーデン語で”森”のことです。

skogのこと、わたしのこと

20代で出逢ったアロマテラピー

その頃はまだ趣味の世界でした。

心身ともにアロマで癒しを感じたのは、30代前半

全身アロマトリートメントを受けたときのことです。

施術中だんだん鼻が詰まってきて

気がつくと涙が出ていました。

なにを話した訳でもなく

なにを聞かれた訳でもなく

ただセラピストさんの手が触れただけで

わたしの心とカラダが解けていたのです。

誰にも話していない自分の中の滞りが

一瞬で流された感じを受けたのです。

「すてきな仕事だな」

そう思いましたが、

そのときはまだわたしがセラピストになるとは

思ってもいませんでした。

それから数年後、姉がアロマの勉強を始めたと

姉妹のたわいもない会話の中で

ラベンダー精油を香ったのでした。

また涙が溢れてきて

今度は止まらないのです。

深刻な話しなど全くしていなくて、

笑いながら話していた最中で止まらない涙 笑

勝手に涙を出させる『この香りの正体』はなんだ!

この正体をとても知りたくなって、

わたしもアロマテラピー検定を受けることを決めて

独学を始めました。

それからしばらくして

体調不良で仕事をやめて家に籠るようになりました。

こうなることを

香りが教えてくれていたのかもしれません。


それからわたしが復活する傍らに香りがありました。

そっと寄り添ってくれる香りを

お届けする仕事につけたこと。

すべての体験も必然だったのだろうと今は思います。

アロマテラピーが入口になり

それからクレイ、ハーブ、

自然療法を学ぶようになりました。

何かあったときも

何もないときでも

目に見えることろも

見えないところも

カバーしてくれる自然療法を知って頂きたくて

今の仕事を始めました。

skogとは、スウェーデン語で森という意味です。

森の中で気持ちが癒されたことと

スウェディッシュボディケアとの出逢いが

セラピストになりたい

と思ったきっかけになったことから

この屋号に決めました。

セラピスト

 中田祐子 YUKO NAKATA

・AEAJ認定アロマセラピスト

・AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

・環境カオリスタ

・NARD JAPAN認定アロマ・トレーナー

・NARD JAPAN認定アロマセラピスト・トレーナー

・INTA認定ケミカル・アロマ・スペシャリスト

・JAMHA認定シニアハーバルセラピスト

・アロマ・フランス認定 クレイプロフ®​

・キャンドル作家・講師

・KAORI・CREATOR